ページの先頭です。
トップページ > ヤマモトイロ(観光のご案内) > 蓑首城跡(坂元神社)【町指定文化財】
ナビゲーション ←メニューを表示します。

蓑首城跡(坂元神社)【町指定文化財】

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年3月1日更新

室町時代、蓑首山に築城された坂元城(坂元要害、坂本城)。
その敷地内には、鎮守の神として勧請された元妙見宮が祀られていました。

明治に入り、城としては廃城されましたが、その後、明治42年に周辺の村社等と合祀され、坂元神社となり、現在に至ります。

境内は桜の名所としても知られ、春には祭りが執り行われます。

また、夏には巫女舞や子どもみこし、神楽や太鼓などが奉納される夏祭りでも賑わいます。

坂元神社1 坂元神社2

所在地:山元町坂元字舘下166(本殿)
    山元町坂元字町18(社務所)
TEL:0223-38-0450

坂元神社春祭りについてはこちら

坂元神社夏祭りについてはこちら

宮城県神社庁の坂元神社紹介ページはこちら