ページの先頭です。
トップページ > 組織で探す > 企画財政課 > 山元町地域公共交通網形成計画

山元町地域公共交通網形成計画

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年3月22日更新

 持続可能な地域公共交通体系の構築に向けて「山元町地域公共交通網形成計画」を作成しました。

山元町地域公共交通網形成計画

 山元町地域公共交通網形成計画 [PDFファイル/4.43MB]

山元町地域公共交通網形成計画の概要

経緯

  平成30年3月22日作成

  平成30年3月22日公表

 

山元町地域公共交通網形成計画の区域

  山元町全域(ただし、必要に応じて隣接市町村等との協議・調整を検討)

 

山元町地域公共交通網形成計画の基本方針及び目標

基本方針1 復興・創生のまちづくりを推進する地域公共交通

基本方針2 誰もが使いたい、使い続けたいと感じる地域公共交通

基本方針3 多様な主体の連携による利用ニーズに応じた地域公共交通

 

山元町地域公共交通網形成計画の目標

 基本方針1関係

  ○ 公共交通でまちへ外出しやすい環境づくりを目指します。

  ○ 公共交通利用者数の増加を目指します。

基本方針2関係

  ○ 誰もが利用しやすくわかりやすい公共交通を目指します。

  ○ 公共交通に対する町民意識の向上を目指します。

基本方針3関係

  ○ 移動しやすい広域ネットワークの形成を目指します。

  ○ 多様な手段を選択できる公共交通を目指します。

 

事業の概要及び事業の実施主体

 ・施策1-1 持続可能な公共交通体系の構築(実施主体:町民、交通事業者、町)

 ・施策1-2 定時定路線バスの運行内容見直し(実施主体:交通事業者、町)

 ・施策1-3 デマンド型乗合タクシーの運行内容見直し(実施主体:交通事業者、町)

 ・施策2-1 デマンド型交通の利用促進支援(実施主体:医療機関、交通事業者、町)

 ・施策2-2 運転免許返納者への対応(実施主体:企業、団体、町民、町)

 ・施策2-3 町民との協働の推進(実施主体:町民、交通事業者、町)

 ・施策3-1 交通結節点やバス停などの利用環境向上(実施主体:企業、交通事業者、町)

 ・施策3-2 他分野で提供する交通サービスとの連携(実施主体:団体、交通事業者、町)

 ・施策3-3 商業・観光施設等との連携(企業、交通事業者、町)

 

計画期間

  平成30(2018)年度~平成34(2022)年度

 

法第6条に定める協議会の有無

  有(平成19年6月25日設立、名称:山元町地域公共交通会議)

 

法第5条第7項に定められている関係者との協議

  山元町地域公共交通会議による協議成立年月日:平成30年3月12日

 

法第5条第6項に定められている利用者の意見の反映

(1)  山元町地域公共交通会議に以下の団体からメンバーが参画し、5回(内3回は専門部会)にわたって交通会議で議論を行った。

  ・山元町区長会

  ・山元町教育委員会

  ・山元町民生児童委員協議会

(2) 山元町地域公共交通会議に、町の公募による町民2人が参画し、5回(内3回は専門部会)にわたって交通会議で議論を行った。

(3) パブリックコメントを平成30年2月1日から平成30年2月20日まで行い、3件の意見が寄せられた。

 

その他

  法第7条による提案 無

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)