ページの先頭です。
現在地トップページ > 組織で探す > 総務課 > 「町の木 黒松」「町の花 ツツジ」「町の鳥 ツバメ」

「町の木 黒松」「町の花 ツツジ」「町の鳥 ツバメ」

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年7月1日更新

「町の木 黒松」
町制施行20周年を記念して、町木を町民から公募。そのうち最も多かった「黒松」が町木に制定されました。
[昭和50年11月制定]

 
クロマツ  クロマツ

山下第二小学校正面入り口の黒松は、東日本大震災の津波に耐えて、今でも元気な姿を見せています。
平成29年3月11日に旧校舎敷地からこの場所に移植されました。【令和2年6月15日撮影】


「町の花 ツツジ」
町の野草会など各団体に諮問し、答申に基づいて選定委員会が決定しました。
[昭和60年11月制定]

 
沿道のツツジ  ツツジ

つばめの杜東区・西区の町道沿いに咲くツツジは、平成26年度に鶴岡八幡宮(神奈川県鎌倉市)から寄贈されたもので、参道を彩っていたツツジです
これからも大切に育て、地域の人たちの心に寄り添い、彩っていくことでしょう。【令和2年6月3日撮影】

 
「町の鳥 ツバメ」 

町内在住の「日本野鳥の会」会員に諮問し、その意見を参考に選定委員会が決定しました。
[昭和60年11月制定]

ツバメ  ツバメ
こどもセンターの入り口には、毎年、ツバメが巣を作ります。今年も6月中旬に雛たちの元気な鳴き声が響いていました。
つばめの杜保育所の子どもたちや先生、こどもセンターを利用している方々も温かく成長を見守っていました。
【令和2年6月9日撮影】