ページの先頭です。
現在地トップページ > 組織で探す > 総務課 > 中学校再編に向けて準備着々

中学校再編に向けて準備着々

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年1月4日更新

山元中学校の校歌が完成


コーラスグループ「サーカス」の叶ありささんに作詞・作曲を依頼していた山元中学校の校歌が、このたび完成しました。本町の未来を担う子どもたちが、笑顔で歌う姿が目に浮かぶような曲です。
復興支援で何度も本町を訪れている叶さんは、昨年度、町内各校で開催したワークショップに参加し、当時の小学5・6年生、中学1年生と触れ合い、声を聞きました。歌詞やメロディーには、子どもたちの山元中学校に対する思いが反映されています。
「優しい子どもが育つのは、町全体で子どもたちを見守っているから」と話す叶さん。来町するたびにそう感じているそうです。校歌には「一歩踏み出す勇気も持ってほしい」と子どもたちへのメッセージも込めました。
校歌は最終的に、再編準備委員会で検討し、教育委員会定例会で決定しました。
今年4月に開校する山元中学校で、全校生徒が歌声を響かせる日がとても楽しみです。

 

           山元中学校校歌     作詞・作曲   叶 ありさ/編曲   小林 真人

 

                 1  のぼる朝陽に照らされ 海は黄金にきらめく

                    空の青さに 山が目覚める

                    町に響く鐘の音(ね)が 「おはよう」わたしを呼んでる

                    希望高鳴り 今一歩踏み出そう

                    同じ地球(ほし)に生まれて 同じ時を生きる

                    世界中にたったひとつの 自分信じて

 

                 2  みどり揺れるあぜ道を 寄り添い歩く夕暮れに

                    君とほほえみ 坂を駆け出す

                    ひとり歩いたあの日も 町はいつもあたたかい

                    君がいるから 今日も強くなれる

                    同じ地球(ほし)に生まれて 同じ時を生きる

                    手をつなぎひとつになれる 絆抱きしめ

 

                 3  夢を覚えていますか 未来(あす)のわたしは言うだろう

                    心の声に 耳をかたむけ

                    頬をなでたふるさとの 風はわたしの願いを

                    のせてどこまでも 吹き続けるから

                    同じ地球(ほし)に生まれて 同じ時を生きる

                    空も海も 君とずっと 繋がっているよ

 

                    さあ今踏み出そう 明日が変わっていく

                    世界中にたったひとつの 夢がはじまる

 

                    ここはふるさと 山元中学校

 

小中学校で交流会を開催

 
交流会  交流会
11月19日、坂元中学校と山下中学校の交流会を開催しました。
ゲームやスポーツ、クイズなどを通じて、両校の1・2年生が親睦を深めました。

交流会  交流会
グループワーク  期待すること
12月7日には、町内4つの小学校の6年生児童72人を対象に交流会を開催。
レクリエーションで交流した後、グループワークでは中学校生活について話し合いました。
今後は部活動体験などを行う予定です。