ページの先頭です。
現在地トップページ > 健康・福祉 > 保健 > 感染症情報 > 【令和3年3月18日~5月5日】宮城県・仙台市 緊急事態宣言発令中!

【令和3年3月18日~5月5日】宮城県・仙台市 緊急事態宣言発令中!

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年4月9日更新

【令和3年3月18日~5月5日】 宮城県・仙台市 緊急事態宣言発令中!

県内における新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、3月18日、宮城県と仙台市が独自に「緊急事態宣言」を発令しました。
また、「まん延防止等重点措置」の適用に伴い、緊急事態宣言が5月5日まで延長され、県から「
まん延防止等重点措置を実施すべき区域における要請」が出されました。
町民の皆さまにおかれましては、これまで以上の感染対策にご協力ください。

まん延防止等重点措置を実施すべき区域における要請内容

まん延防止等重点措置を実施すべき区域における要請内容 [PDFファイル/451KB]


緊急事態宣言における主な対策は、次のとおりです。

感染抑制対策

(1)県民・仙台市民に向けた実効性のある対策徹底の要請

○県全域で不要不急の外出や移動を自粛してください。
○特に混雑する時間帯や混雑する場所へは、できるだけ行かないようにしてください。
○多人数での旅行は自粛・延期し、家族・友人などとの少人数の旅行も今は慎重に判断してください。
○催物の開催基準に合致する場合も、集会・イベントの開催は慎重に判断してください。
○職場でのクラスターが発生していることを踏まえ、休憩時間も含めた感染防止対策を徹底してください。

(2)飲食店および利用者への呼びかけの強化

○民間企業・各関係団体の協力による広報の実施
○飲食店への個別通知の実施
○街頭・若者への呼びかけの実施

早期発見と感染拡大防止対策

(1)緊急拡大検査の実施

【重点取組】繁華街における集中検査
飲食店を起点とした感染が、感染拡大の一因となっていることから、飲食店が集まっている繁華街において、集中的に検査を実施する。
○実施場所 仙台市中心部の繁華街 
○実施時期 令和3年3月下旬から

【重点取組】市中におけるモニタリング検査
市中において幅広くPCR検査を行い、感染状況をモニタリングする。
○実施場所および対象者
  ・仙台市中心部における通行者等
  ・企業の従業員、大学の学生等
  ・大型集客施設の来訪者等
○実施時期 令和3年4月から

(2)高齢者施設における検査体制等の強化

○感染拡大地域内の高齢者施設において、無症状者を含めた幅広い検査の実施
○高齢者施設職員を対象とした検査の実施
○ケア付き宿泊療養施設の運用
※今後、対象範囲・実施方法の見直しにより検査を拡充

(3)保健所体制強化による、感染の封じ込め

【重点取組】仙台市保健所への緊急支援
○仙台市保健所の状況
新型コロナウイルスによる多数の感染者が発生しており、それに伴う積極的疫学調査の対象が拡大し、また、多数の感染者および濃厚接触者に対し継続的な健康状態の確認・健康管理とフォローアップ等を行う必要が生じている。
○仙台市の対応
  ・保健所への保健師さらなるシフト
  ・事務職員のさらなる活用
  ・県への応援派遣職員調整依頼
  ・積極的疫学調査、入院等調整などに係る保健所体制の総合的強化
○県の取組
  ・知事が厚生労働省に対して、専門職の応援派遣職員の調整について依頼(3/17 保健師20人)
  ・県から仙台市保健所に対して3/17リエゾン(保健師)2人を派遣。受け入れ体制が整い次第、県の機関から保健師3人を派遣予定
○国や他県の取組等
  ・厚生労働省からリエゾン3人が来県
  ・近隣県に対して応援派遣依頼
  ・外部専門職人材バンク登録名簿の活用⇒3/18から応援実施

営業時間短縮要請に向けた機動的な発動

今後、これ以上の病床ひっ迫となった場合、飲食店に対する営業時間短縮の協力要請を速やかに行う。

【仙台市全域対象】新型コロナウイルスの感染拡大防止に向けた営業時間短縮の協力要請と感染拡大防止協力金について [PDFファイル/1.07MB]


宮城県・仙台市 緊急事態宣言 [PDFファイル/719KB]

宮城県新型コロナウイルス感染症対策サイト<外部リンク>

山元町新型コロナウイルス感染症に関する情報

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)