ページの先頭です。
現在地トップページ > 組織で探す > 農林水産課 > いちご団地施設(第4団地)の施設使用者(いちご栽培入植者)を募集します

いちご団地施設(第4団地)の施設使用者(いちご栽培入植者)を募集します

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年4月30日更新

 国の復興交付金を活用して町が整備した「いちご団地」については、施設使用者に栽培ハウス等を一定期間無償で貸与しておりますが、このたび、施設に空きが生じることから、次のとおり新たな施設使用者(いちご栽培入植者)1名を募集します。

施設概要

 場 所 山元町いちご団地(第4団地) 山元町高瀬字扇田110   ハウス写真       

 面 積 土地面積 約4,700平方メートル / 栽培面積 約2,000平方メートル

 施設等 次の(1)~(4)のとおり

   (1)栽培施設(大型鉄骨ハウス) 1棟(管理棟含む)

         間口8.0m×奥行51.0m×連棟5棟

     (2)育苗施設(パイプハウス)     3棟

       間口5.4m×奥行36.0m

   (3)夜冷施設              1棟

    縦型3万本 間口5.6m×奥行8.2m

     (4)その他、設備一式

応募要件 次の1、2のいずれかに該当し、3の(1)~(5)をすべて満たす方

  1 認定新規就農者で、かつ、次の要件に該当する方

    (1)町内に住所を有すること、または入植と同時に町内へ転入すること

   (2)雇用先や研修先などから、いちご栽培経験に係る証明などが得られること

  2 新規就農者で、かつ、次の要件に該当する方

   (1)町内に住所を有すること、または入植と同時に町内へ転入すること

    (2)いちご栽培経験者から指導が得られること

  3 共通 

   (1)持続的に営農に取り組むこと

   (2)山元町いちご団地管理運営組合に加入すること

   (3)山元町地域農業発展基金に積立すること

   (4)公共料金等に滞納がないこと

   (5)暴力団等の関わりがないこと

募集期間

   令和3年5月10日(月曜日)~5月21日(金曜日)

申し込み

 施設使用を希望する方は、役場農林水産課備え付けの申込書に必要事項を記入・押印の上、募集期間内に役場農林水産課まで提出してください。(土・日を除く)

施設使用者の決定手続き

 町が、いちご団地における営農の継続性等を審査するほか、山元町いちご団地管理運営組合および関係機関等から意見を聴取した上で、決定します。
 なお、「2 応募要件」の(1)と(2)では、(1)の要件を満たす方を優先で施設使用者に選定します。

注意事項

・「1 施設概要」に記載した施設等は、町と施設使用者が契約し、無償で貸与します。貸付期間は令和4年6月30日ですが、町および施設使用者から契約解除の申し出がない場合は、さらに10年間毎に貸付期間を自動更新します。

・上記施設等以外の経費[例 栽培に関する経費、電気料や水道料(加入金含む)などの光熱水費、燃料費、施設の維持管理等に関する経費など]は、施設使用者が負担します。

・施設使用者は、火災や自然災害等に備え、施設建設費用相当額を補填する園芸施設共済制度等に加入します。

・土地の地権者とは、別途契約手続きが必要になるほか、農地法に基づく手続きが必要になります。

・現在の施設使用者が整備した施設や資機材等について、引き続き使用を希望する場合は、経費等の負担を含めて双方で協議し、決定することができます。

・施設使用後、一身上の都合で営農を断念する場合は、別に定める取り扱いに基づき、施設返還の手続きと施設修繕等の整備が必要になります。

・定植用の苗については、ご相談ください。いちご団地管理運営組合と調整します。

施設使用までのおおよそのスケジュール

令和3年5月10日(月曜日)~5月21日(金曜日)
応募受付

令和3年5月末
営農の継続性などを審査・関係機関等から意見聴取・施設使用者の決定

令和3年6月中
契約手続き等

令和3年7月~
引き渡し

山元町いちご団地施設 施設使用者(いちご栽培入植者)募集概要 [PDFファイル/231KB]

山元町いちご団地施設 施設使用者(いちご栽培入植者)申込者 [PDFファイル/162KB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)