ページの先頭です。
現在地トップページ > 産業・しごと > 農林水産業 > 農業 > トラクターなど農業機械の盗難にご注意ください!

トラクターなど農業機械の盗難にご注意ください!

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年10月1日更新

大切な農業機械を守ろう

昨年、町内において、トラクターの盗難被害が連続で発生しました。
また、今年6月には、近隣市町でもトラクターが盗まれる被害が発生しています。
トラクターをはじめ、農業機械の盗難被害は全国的にも増えているため、各自で盗難対策を実践しましょう。

トラクターなどは倉庫で保管しましょう

盗難の多くは田んぼや畑で発生しています。トラクターなどの農業機械はそのまま屋外に放置せずに、可能な限り倉庫に保管しましょう。また、保管後は必ず鍵をかけましょう。

トラクターなどには鍵をかけましょう

盗まれているものの多くは、施錠されていませんでした。車両から離れる際には、少しの時間でも、必ず施錠しましょう。また、鍵は必ず抜いて、タイヤロックやハンドルロックなど市販の盗難防止用品を併用しましょう。

トラクターなど農業機械の盗難にご注意ください [PDFファイル/199KB]

農作業安全確認運動展開中!

農業機械作業の事故防止を徹底しましょう

近年、様々な農業機械の普及、農業従事者の高齢化等により、機械操作のミス、過信と慣れによる安易な作業が重大事故に結びつき、依然として農作業死亡事故が発生しています。
国では、令和4年までに農業機械作業に係る死亡者数を平成29年水準(211件)から半減することを目標に、令和2年からの3年間を集中対策期間として対策を強化しています。
重点期間は、春(3~5月)と秋(9~10月)で、農業機械作業の事故防止に向けた運動が展開されます。

令和3年 農作業安全確認運動スローガン ~見直そう! 農業機械作業の安全対策~

走行中のトラクター等の転倒・転落事故防止!

○路肩からの転落に注意しましょう
○居眠り、わき見運転に注意しましょう
○携帯電話等を持参し、もしものときに家族などと連絡などが取れるようにしましょう
○作業時以外は、左右ブレーキペダルを確実に連結しましょう
○安全フレーム・キャブ付きト ラクターを使用しましょう
○シートベルト、ヘルメットの着用を徹底しましょう
○安全フレーム・キャブのある トラクターでもシートベルトを着用しましょう

令和3年農作業安全確認運動啓発チラシ [PDFファイル/359KB]

農耕作業用トレーラ付きトラクタの公道走行ガイドブック [PDFファイル/1.68MB]

作業機付きトラクタの公道走行ガイドブック [PDFファイル/1.21MB]

農作業機を装着・けん引した農耕トラクタの公道走行ガイドブック [PDFファイル/484KB]

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)