ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 産業・しごと > 農林水産業 > 農業 > 【注意】斑点米カメムシ類防除のため水田周辺の雑草防除を実施するなどほ場の管理を徹底しましょう(山元町宮城米生産改善協議会より)

【注意】斑点米カメムシ類防除のため水田周辺の雑草防除を実施するなどほ場の管理を徹底しましょう(山元町宮城米生産改善協議会より)


本文

印刷ページ表示 更新日:2024年5月24日更新

1 概      要

 斑点米カメムシ類の対策のため、水稲の出穂10日前までに水田周辺の草刈り等を実施しましょう。
 
ほ場管理徹底チラシ [PDFファイル/336KB]

【参考】宮城県ホームページ(https://www.pref.miyagi.jp/soshiki/byogai/lib-kamemusi-top.html<外部リンク>

2 内      容

[斑点米カメムシ類]
1【出穂前】ほ場内の雑草防除
 斑点米カメムシ類の水田への侵入を防ぐため、イヌホタルイやノビエなどの雑草は、水田内に残さないようにしましょう。
2【出穂前】ほ場周辺の雑草防除
 水稲出穂10日前までに畦畔の草刈りを終えましょう。斑点カメムシ類の水田への侵入を軽減できます。
3【出穂後】ほ場内の薬剤防除
 水稲の穂揃期とその7日~10日後の2回の防除が基本です。
 また、水田内にイヌホタルイが残草している場合は、出穂始~穂揃期に1回目の薬剤防除を実施しましょう。

3 問 合 せ 先

 山元町宮城米生産改善協議会事務局(山元町農林水産課政策推進班/TEL0223-37-1119)
 最寄りのJAみやぎ亘理営農センターまでご連絡ください。

Adobe Reader<外部リンク>
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)