ページの先頭です。
トップページ > 組織で探す > 企画財政課 > 新時代の幕開けとともに  新庁舎開庁式を盛大に挙行

新時代の幕開けとともに  新庁舎開庁式を盛大に挙行

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年6月3日更新

 5月10日、役場新庁舎の供用開始を祝し、村井知事をはじめ、国や県の関係者、また、ご支援をいただいた各種団体の代表者など約150人にご出席いただき、開庁式を執り行いました。

 清々しい晴天の下、新庁舎東側広場では、国や県、町の関係者によるテープカットを行いました。テープカットと同時に、祝砲が鳴り響くと、色とりどりの風船が空高く舞い上がり、出席者からは大きな拍手と歓声が上がりました。

テープカット
▲関係者一同でテープカット
あ  入口
▲空高く舞い上がる色とりどりの風船        ▲庁舎正面入り口

くす玉
▲防災拠点・山下地域交流センター「つばめの杜ひだまりホール」に会場を移し、くす玉開披

 新庁舎は、「海と山をつなぎ、人と人をつなぐ『要』となるタウンホール」をコンセプトとして建設され、新市街地をはじめとした街並みと、青く美しい太平洋を眼下に望むことができます。また、新庁舎は町民の皆さんが利用しやすい施設であるとともに、職員にとっても働きやすい環境を整えています。

 引き続き、町民の皆さんとともに、復興まちづくりの総仕上げに向けて、「チーム山元」一丸となって取り組んでいきます。

外観1
▲新庁舎外観

庁舎内配置図はこちらをご覧ください。