ページの先頭です。
トップページ > くらし・環境 > 税金 > 国民健康保険税 > 令和元年度税制改正について

令和元年度税制改正について

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年7月5日更新

保険税軽減制度の拡充について

 国民健康保険税は、世帯全体の所得が一定基準以下の場合、均等割額と平等割額が軽減されます。制度改正により、軽減判定所得の基準が変更になり、軽減対象世帯が拡充されます。

平成30年度

令和元年度

7割軽減

世帯合計所得額 33万円以下(変更なし)

5割軽減

世帯合計所得額 【33万円+(27万5千円×                   被保険者数+特定同一世帯所属者数)】以下

世帯合計所得額 【33万円+(28万円×                         被保険者数+特定同一世帯所属者数)】以下

2割軽減

世帯合計所得額 【33万円+(50万円×                           被保険者数+特定同一世帯所属者数)】以下

世帯合計所得額 【33万円+(51万円×                    被保険者数+特定同一世帯所属者数)】以下

 

課税限度額の引き上げについて

  国民健康保険税の課税限度額が一部引き上げになりました。

区分

平成30年度

令和元年度

増減

医療給付費分

58万円

61万円

3万円(↑)

後期高齢者支援金分

19万円

19万円

介護納付金分

16万円

16万円

合計額

93万円

96万円

3万円(↑)