ページの先頭です。
ナビゲーション ←メニューを表示します。

ぶどう(シャインマスカット)

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年9月14日更新

山元町のぶどう(シャインマスカット) 旬:8月下旬~10月

山元町は、かつて東北有数の「ぶどう」の産地として知られ、天然果汁飲料の製造が技術的に難しかった大正時代初期には、「ぶどう液」(ぶどうジュース)を開発し、日本の「ぶどう液」の発祥の地と言われています。

沿岸部を中心に栄えた本町の「ぶどう産業」は、東日本大震災で大きな被害を受けましたが、震災後、高級ぶどう「シャインマスカット」をはじめとする「生食用ぶどう」の栽培や品種の多様化が進んでおり、「ぶどう」の産地として新たな一歩を踏み出しています。

シャインマスカット畑シャインマスカット

主な種類は、皮ごと食べられる「シャインマスカット」、大きな実が特徴の「ピオーネ」、糖度が高くコクがある珍しい品種の「高墨」です。

ぶどう産地の復興と新たな挑戦 [PDFファイル/698KB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)