ページの先頭です。
ナビゲーション ←メニューを表示します。

いちじく

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年10月14日更新

いちじくには、ポリフェノールの抗酸化作用、ペクチンの整腸作用のほか、女性ホルモンと似た成分を持つ植物性エストロゲンによって更年期障がいや生理不順などに効果があるとされています。

山元町では様々な種類のいちじくが栽培されていますが、まずは日本で最もポピュラーな桝井ドーフィン。国内生産量ナンバーワンを誇る品種です。

その他には、いちじくの中では最大サイズといわれるバナーネ、ジャムやケーキなどの加工品に向くブランズウィック、幻の黒いちじくとも呼ばれるビオレ・ソリエスなど、珍しい品種もあります。

いちじくの写真1 いちじくの写真2
    桝井ドーフィンとビオレ・ソリエス                バナーネ

生食用だけでなく、ドライフルーツや甘露煮、ジャムといった加工品も作られており、農水産物直売所「やまもと夢いちごの郷」<外部リンク>などで販売されています。

また、宮城県立亘理高等学校家政科の生徒が考案したいちじくを活用したレシピ集がありますので、是非活用してください。
レシピ集 [PDFファイル/7.31MB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)