ページの先頭です。
現在地トップページ > 町政・まちづくり > 統計・計画 > 総合計画 > 第6次山元町総合計画案の答申

第6次山元町総合計画案の答申

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年5月11日更新

 町の将来を見据えた新たなまちづくりの指針となる「第6次山元町総合計画」の策定に際し、山元町総合計画審議会より、答申がありました。

山元町総合計画審議会からの答申

 令和元年11月18日(月曜日)、山元町総合計画審議会を代表し、清野忠彦会長より、齋藤俊夫町長へ「第6次山元町総合計画(案)」の答申書が手渡されました。

 山元町総合計画審議会では、町からの諮問を受け、昨年(平成30年)10月から計7回の会議を開催し、計画案について審議が行われてきました。

 清野会長は、「各委員がまちづくりのへの理解を深めながら、審議を行ってきました。鋭い意見も多く、感心しました。町には計画を策定した後も、PDCAサイクル※をしっかりとして、より良いまちづくりを行ってほしいです。」と述べました。

 齋藤町長は答申書を手に「審議会では、公募による町民をはじめ、各分野を代表する方など、20人の委員の皆さんに計画案について2カ年度にわたってご審議いただき、感謝します。今後は、答申をもとに、計画策定を進めていきます」と述べました。

※PDCAサイクル 計画・実行・評価・改善の4段階の活動を繰り返し行うことで、継続的にプロセスを改善・最適化していく手法のことです。

答申内容

 ・答申書(写し) [PDFファイル/12KB]

 ・第6次山元町総合計画(基本構想・基本計画案) [PDFファイル/5.58MB]

 清野会長(左)と齋藤町長

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)