ページの先頭です。
ナビゲーション ←メニューを表示します。

山元町の保育料

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年4月1日更新

算定方法

 保育料は、児童と生計を一つにしている父母、場合によって、それ以外の扶養義務者(家計の主宰者である場合に限る)の町民税所得割額の合計額によって決定します。

  • 令和2年4月~令和2年8月分:平成31年(令和元年)度の町民税所得割額により算定
  • 令和2年9月~令和3年3月分:令和2年度の町民税所得割額により算定

幼児教育・保育無償化(令和元年10月から実施)

 令和元年10月から幼児教育・保育無償化が実施され、幼稚園や保育所等を利用する3歳から5歳までの子どもおよび住民税非課税世帯の0歳から2歳までの子どもの保育料が無償となります。
 また、3歳から5歳まで子どもに関してこれまで保育料に含まれていた副食費は、無償化の対象外となるため、保護者の皆様にご負担いただきます。ただし、年収360万円未満相当(※1)の世帯および第3子以降の子ども(※2)は副食費の徴収が免除となります。なお、0歳から2歳までの子どもの副食費は、これまで通り保育料に含み徴収します。

※1 (1)市町村民税所得割課税額が57,700円未満の世帯
    (2)市町村民税所得割課税額が77,101円未満で、ひとり親世帯や在宅障がい者世帯等
※2 第3子のカウント方法:小学校就学前の子どもを年長者から数えて第3子以降

詳しい保育料につきましては、下記のファイルをご確認ください。

令和2年度利用者負担額基準額表(令和2年4月1日現在) [PDFファイル/135KB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)