ページの先頭です。
現在地トップページ > 組織で探す > 保健福祉課 > 高齢者福祉サービスについて

高齢者福祉サービスについて

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年9月10日更新

 高齢者等の自立とその家族の身体的・精神的な負担の軽減を図るとともに、介護保険制度を補完し、生きがい・健康づくり対策に資することを目的として、以下の事業を行っております。

高齢者福祉サービス [Wordファイル/69KB]

1 訪問理美容サービス

■   サービス内容

理美容師が高齢者などの自宅を訪問し、理容・美容サービスを行う出張料を助成します。

■   対象者

概ね65歳以上の在宅で生活している方で、心身の障がいおよび疾病などの理由により、理美容店に出掛けることが困難な方(障がい高齢者の日常生活自立度がB以上)

■   利用方法

該当された方に、理美容師の出張料として1,500円の助成券を年間4枚支給します。

※利用料金は、自己負担です。

2 家族介護用品支給事業

■   サービス内容

介護用品(紙おむつ・尿とりパット・使い捨て手袋・清拭剤・ドライシャンプーなど)購入に係る費用を年間75,000円上限に助成します。

■   対象者

以下の条件をすべて満たす方

(1)要介護者・介護者ともに本町に住所があり、同居している方

(2)要介護者が概ね65歳以上で、「要介護4・5」または重度の認知症症状のある方(認知症の日常生活自立度判定基準3以上)

(3)要介護者、介護者、これらの方と同一世帯の方が市町村税非課税である方

(4)要介護者が在宅であること。入院・施設入所中は含まない

利用方法について

(1)該当された方は、介護用品購入領収書と印鑑、振込み口座が分かるものを持参して費用助成申請をします。

(2)後日、指定の口座に費用を振り込みます。

3 緊急通報システムサービス

■   サービス内容

緊急時に事前に登録している協力者または警備会社に通報することができる機器を貸し出します。

■   対象者

概ね65歳以上の一人暮らしで、以下の条件をすべて満たす方

(1)慢性的な疾患等により、常時注意を要する状態にある方

(2)同一敷地内または同一建物内に通報できる親族が居住していない方

(3)自宅に電話が設置されている方

■利用方法について

(1)該当された方の自宅へ機器設置を行います。

(2)機器の設置費用は無料、基本料金は自己負担です。(支払いは、口座振替となります)

4 徘徊高齢者家族支援サービス

■サービス内容

認知症高齢者が徘徊行動をされた場合に、家族がインターネットや電話により警備会社へ問い合わせすることで、所在地を探すことができるGPSシステムを貸し出します。

■対象者

概ね65歳以上の在宅で生活している高齢者で、以下の条件をすべて満たす方

(1)重度の認知症症状がある方(認知症の日常生活自立度判定基準3以上)

(2)徘徊行為がある方                                                                                                                                                

■利用方法について

(1)該当された方には、機器の貸し出しを行います。

(2)機器の費用、基本料金(月額)は無料。基本料金を超える分(所在地検索費用)は、自己負担です。(支払いは、口座振替となります)