ページの先頭です。
現在地トップページ > 組織で探す > 商工観光交流課 > 【No.12】ホッキ漁がスタート!

【No.12】ホッキ漁がスタート!

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年12月16日更新

 山元町の旬な情報等を発信する「やまもとNOW」。
 町の魅力をお伝えします!

ホッキ漁がスタート!

12月16日。
今シーズンのホッキ漁が始まりました。
早朝、ホッキ貝を獲るための漁具「マンガ(熊手のような漁具)」を積んだ漁船が次々と磯浜漁港を出船し、海岸から約1キロの沖合いで漁が行われました。

本町では、東日本大震災による大津波で海底にガレキが散乱し、漁ができない時期がありましたが、新たに「噴流式マンガ※」を導入し、平成30年12月から本格的に漁が再開しました。

漁業者は、徹底した資源管理型漁業に取り組むため、漁獲サイズを「9.5センチ以上」とする厳しい独自のルールを定めており、他の産地に比べ、大ぶりで肉厚、歯応えも大好評です。

この日水揚げされたホッキ貝は、仙台中央卸売市場に出荷されるほか、農水産物直売所「やまもと夢いちごの郷」で販売されます。

山元町自慢の特産品「ホッキ貝」をぜひご堪能下さい。

 

※噴流式マンガ

マンガと呼ばれる鉄製のカゴにホースを取り付け、高圧で圧縮した海水を海底に吹き付けて砂の中から貝を採捕する漁具


【リンク】
ホッキ貝(山元町ホームページ)


ほっきホッキ
ホッキホッキ
ホッキホッキ