ページの先頭です。
現在地トップページ > くらし・環境 > 税金 > 固定資産税 > 家などの建物を新築、増築、滅失(取り壊し)したとき

家などの建物を新築、増築、滅失(取り壊し)したとき

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年11月28日更新

法務局の登記簿に投棄されていない家などの家屋(未登記家屋)を新築、増築、滅失(取り壊し)した場合は、役場に届け出が必要になります。不動産登記(新築、滅失登記)を行った場合は、必要ありません。

1 未登記家屋を新築、増築した場合

新築

未登記家屋所有者届 [PDFファイル/107KB]に記入し、必要書類を添えて税務課課税班に提出願います。

家屋が完成しましたら、後日、町の調査員がお伺いし、税額算定のための家屋調査を行います。調査時に税制度等の説明を併せて行います。

増築

税務課課税班までご連絡願います。 家屋が完成しましたら、後日、町の調査員がお伺いし、税額算定のための家屋調査を行います。

2 未登記家屋を滅失(取り壊し)した場合

 家屋滅失届 [PDFファイル/107KB]に記入し、税務課課税班に提出願います。後日、町の調査員がお伺いし、状況の確認を行うこともあります。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)