ページの先頭です。
現在地トップページ > くらし・環境 > 税金 > 国民健康保険税 > 国民健康保険税の税率改正について

国民健康保険税の税率改正について

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年4月1日更新

 これまで、東日本大震災における被災自治体に対する国からの財政支援等により、県内でも低い税率で国民健康保険の財政運営を行ってきました。

 しかし、国からの財政支援が今後見込めないこと等から、財政主体である県から示された納付金をまかなう為に、現在ある基金を活用し税率の見直しを行います。

 今回の改正については、次の通りです。

【改正前の税率(令和元年度まで)】
    医療給付費   後期高齢者支援金   介護納付金  
所得割 4.0% 1.6% 1.5%
均等割 19,300円 7,700円 9,800円
平等割 14,200円 5,700円 5,400円

 

【改正後の税率(令和2年度から)】
    医療給付費   後期高齢者支援金   介護納付金  
所得割

5.4%

(+1.4%)

1.9%

(+0.3%)

1.8%

(+0.3%)

均等割

25,100円

(+5,800円)

9,000円

(+1,300円)

10,900円

(+1,100円)

平等割

19,700円

(+5,500円)

7,100円

(+1,400円)

6,000円

(+600円)

 

≪モデルケース≫

(例) 2人世帯(40歳以上、65歳未満の場合)
所得金額 給与収入換算 改正前(年額) 改正後(年額) 比較 備考
330,000円 980,000円 29,600円 36,700円 +7,100円 7割軽減該当
900,000円 1,550,000円 89,800円 113,100円 +23,300円 5割軽減該当
1,370,000円 2,210,000円 152,900円 192,700円 +39,800円 2割軽減該当
2,000,000円 3,114,285円 217,400円 274,600円 +57,200円  

※収入金額については目安となります。計算上誤差が生じる場合があります。